クリスマスはクラシックギターでバッハをその3 『益田正洋 クラシックギターコンサート』

12月22日(土)開催されます『益田正洋 クラシックギターコンサート』。
今回は、そのプログラムより、もう一曲。(今回もバッハの曲です)

「大師は弘法に取られ、太閤は秀吉に取られる」という伝で書けば

「シャコンヌはバッハに取られる」

とでも書けましょうか?
 
 
無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ
パルティータ第2番BWV. 1004 第5楽章 シャコンヌ


シャコンヌ(フランス語)チャッコーナ(イタリア語)
元々アメリカ大陸で踊られていた舞曲だったそうですが…
バロック時代、ヨーロッパで大流行!

色んな人が作曲したものの、
バッハがあまりに有名になったため、他のシャコンヌの知名度が…


イタリアではこんな感じだった↓
https://www.youtube.com/watch?v=xlFN8qskDA4


それから、バッハになるとこうなった↓
https://www.youtube.com/watch?v=zgLG93uGTN0

「バイオリニスト一人で、これを演奏してるの!?」
「いやいや、二人分聴こえるし…」
と実際演奏している所を見ると、衝撃的ですね。
(初めて見た時は、ビックリしました)
 
 
古来、名曲のほまれ高いこの曲ですが、
クラシックギターでも、演奏されることがあります。
 
 
ギタリストなら、一度は憧れる曲ですが、
今回は、何と、名手益田正洋氏の演奏でシャコンヌが聴けます!


12月22日(土)には京町家さろん淳平にて、益田氏のクラシックギターコンサートを月光堂主催で行うこととなりました!

どうぞ、クリスマスにバッハの世界を心ゆくまでお楽しみください!
詳細・お問い合わせはこちら↓
https://www.kyoto-gekkodo.com/information/