『バロック音楽の午後』開催記念! 出演者に聴く、コンサートのみどころ。

『バロック音楽の午後』開催記念!

出演者に聴く、コンサートのみどころ。

 

まずは、中野潔子先生(ヴィオラ・ダ・ガンバ)です

 

 

ガンバのための曲として、マラン・マレのラ・フォリアについて、取り上げていただきました!

あれ?ラ・フォリアと言えば、コレッリのバイオリン曲じゃないの?

と思いがちですが…。さて…

 

中野

「フォリアはスペイン起源の舞曲ですが、色々な国の作曲家も多く取り上げています。

マレはフランス人ですがフォリアのテーマをガンバの為に32もの変奏を作っています。

ガンバを知り尽くしたマレによる、ガンバの魅力の数々を32の変奏で味わえる曲だと思います。」

 

 

なるほど!ラ・フォリアは当時の流行の曲なんですね!

そして、フランス風&ガンバの魅力で演奏が聴ける!

これは楽しみですね~

 

 

 

それでは、ガンバの魅力とは?

 

中野

「何といってもその独特の音色、

柔らかで細かいニュアンスに富んだ音色だと思います。

そして個人的には低音部がたまりません!」

 

 

近くで聴くと、低音響いてくるんですよね!

サロンコンサートならではの、距離感でガンバの魅力を味わい尽くしていただければと思います。

 

 

それでは、12月2日(日)14時、月光堂楽器店でお会いしましょう!

 

詳細・お問い合せはこちら↓

https://www.kyoto-gekkodo.com/information/