いつの時代も、音楽を楽しんでいた

テレビをつけると、歌手がギターを弾きながら歌っている風景。

 

音楽史の本を読むと、その向こうには吟遊詩人がリュートを弾きながら歌っている。

 

祭りの日には、ダンス曲をかきならし、盛り上がっている。

 

本当に、人間は何時の時代もどこに行っても、変わらないな、と感じます。

 

そして、リュート曲は現代でもギター曲に編曲されて今でも楽しまれていますし…

 

音楽を通して、違う時代を楽しむのも、良いかもしれませんよ!

 

リンクはドイツのリュート奏者メルキオル・ノイジドラー(ハンス・ノイジドラーの息子)の曲です。

 

 

月光堂音楽教室の詳細・お問い合わせはこちらです↓
https://www.kyoto-gekkodo.com/school/